園長ご挨拶

園長ごあいさつ

お電話でのお問い合わせこんにちは!
園長の齋藤勇人(さいとう はやと)です。

佐倉きのこ園は、平成6年9月に私が創業しました。
当園では、開園以来、完全無農薬で椎茸栽培に取り組んできました。

「椎茸栽培は害虫とカビとの戦いである」と言われていますが害虫とカビが発生する度に全て手作業で取り除き農薬、殺虫剤、成長促進剤等を一切使用せず、地下50mの天然水のみで「長生き椎茸」を栽培しています。
自然栽培の採りたての健康な長生き椎茸の味と香りをお楽しみ下さい。

園長プロフィール

園長 斎藤勇人

佐倉生まれ佐倉育ちの専業農家8代目です。妻1人、子3人(全員男です)で実家の両親の家の敷地の片隅に大和ハウスのローコスト住宅を建てて暮らしています。

自宅からきのこ園までの約2kmの道のりを毎日自転車通勤しています。

【生立ち】
昭和38年11月7日佐倉市に生まれる
昭和51年3月 佐倉市立根郷小学校卒業
昭和54年3月 佐倉市立南部中学校卒業
昭和57年3月 千葉県立佐倉高校卒業

高校時代は陸上部で全国高校駅伝にも行きました。(補欠でしたが)
当時の監督が佐倉アスリート倶楽部の小出義雄さんでした。

昭和61年3月 横浜市立大学商学部経営学科卒業
昭和61年4月 株式会社リクルート入社
平成2年4月 株式会社ヨークプランニング入社
平成6年9月 佐倉きのこ園創業

【趣味】
ヨット(小型船舶1級です)、椎茸の試食販売

【佐倉きのこ園を始めたきっかけ】
実は、私は椎茸が大嫌いでした。うちは農家ですので昔から裏庭で椎茸を作っていました。春と秋になるとその椎茸を焼く匂いや煮る匂いが家中に充満し、気が狂いそうになっていました。
転機は平成5年のある日の日経新聞の記事でした。そこには「椎茸の菌床栽培の画期的な技術が開発された」ことが書かれていました。それから椎茸栽培に興味を持ち各地の椎茸農家や菌メーカーを訪ね、そして、ついに、椎茸独特の苦味や臭みのない、椎茸嫌いのこの私でも「うまい!!」と食べられる椎茸に出会いました。それが、長生き椎茸です。

 


有限会社 佐倉きのこ園

Tel:043-486-3987


E-mail: info@kinokoen.jp